アリの同定

日本にはおよそ300種のアリが生息していますが、沖縄県はその小さな面積にもかかわらず、半数にも上る約150種ものアリが生息しています。種構成もまた沖縄らしいもので、南方系の種、固有種、外来種のアリが多いのが特徴です。

アリは種類に応じて好みの生息環境と食物に傾向があることから、採取されるアリ種で環境の自然度について評価できないか研究もされています。

小さな昆虫、身近な虫、アイコー(沖縄の方言でアリ)、最近ではヒアリでしょうか。何かと人間の生活に近いところに存在するアリはイメージも様々ですが、よく見てみると、家や公園、森など観察する場所によって種類も様々で、その種構成はいろんな情報をもたらしてくれます。

環境調査においては、環境の質を評価する素材としても利用できるよう、種の同定(種類の判別)は正確に行う必要があります。

archaeでは環境アセスメントや外来種調査などで採集された、琉球諸島産のアリの同定をお引き受けしています。まずはお気軽にお問い合わせください。 

* 各サンプルとも台湾産の場合は + 50%

ご依頼の流れ 
お問い合わせフォームまたはお電話にてご依頼の内容についてお知らせください
折り返し内容についての確認や簡単なお見積りをお知らせいたします
よろしければサンプルの受け渡し。少量の場合など送付も可
最終的なお見積りと納期の確認。よろしければご依頼の確約
同定作業に着手します
同定終了後、成果品(同定結果)をデータで納品、ご請求書の送付
ご依頼料のお振込み

*送料、お振込手数料はお客様のご負担とさせていただきます。 

成果品 

同定したアリの種名と個体数をサンプル毎に整理した一覧表を作成し、エクセルファイルにて納品いたします。 

一覧表には和名と学名のほか、同定したアリが外来種や重要種に指定されているかの判定も併せて記載しております。 

納品のメールにて、同定したアリ類の生態的特徴をお知らせいたします。 

お問い合わせ、お申込み 

お電話をいただくか、お問い合わせフォームから以下の内容についてお知らせください。 

■ ご依頼主様のお名前、ご住所、電話番号。事業所の場合は法人名もお願いします。 

■ ご依頼サンプルの種類(トラップか定性か等)と数量。

■ 具体的な納期。ただしご依頼の内容量やお申込みの混雑状況などからご希望に添えない場合もございます。  

■ 採集した場所(市町村)と環境(港、住宅地、森林など)。できるだけ具体的にお知らせください。種を正確に同定する際の重要な情報になります。台湾産の場合は必ずその旨もお知らせください。 

■ 返却の有無。サンプルは基本的に返却いたしません。返却の際の送料はお客様のご負担とさせていただきます。 

そのほか 

・ご依頼は1個のサンプルからお引き受けいたします。お気軽にお問い合わせください。 

・1サンプルに対して入っているアリが極端に多い場合は、価格についてご相談させて頂く場合がございます。 

・お引き受けの対象は琉球列島産のサンプルのみとさせていただいております。

 

アリの同定に関するお問い合わせはこちら
 

© 2018 archae.info copyright reserve