セイヨウミツバチを飼っています。

外来種ですが、人類との付き合いがこんなに直接的で長く深いのはこの虫ぐらいです。

それだけ、この虫は魅力的です。飼育を通してわかる沖縄の自然や、一緒にできるいろんな仕事があります。

社会性の昆虫なので少し特殊ですが、すごく愛いやつで虫らしい虫です。

養蜂業を立ち上げてからこれまでの間、農薬や抗生物質といった蜜蜂への一般的な薬剤投与は一切行わずにミツバチを育てています。

薬に頼らず元気に育てることはとても手間がかかるためごく小規模にしか養蜂は行えませんが、その分、おいしいはちみつと上質な蜜ろうが収穫できるのではないかと考え、食い意地精神だけを信じて取り組んでいます。 

ほんの少ししか収穫ができなくても、自分たちが食べておいしいはちみつと使って優しいみつろうだけを採集しています。

沖縄は季節感がないと表現されることがありますが、野生の生き物たちを観察しているとそんなことはなく、ちゃんと四季折々の花が咲き季節の表情を見せます。

ミツバチたちはその時期その日の天候に合わせて、ちょうどいい花から蜜を集めます。archae のはちみつは、そうして虫と植物と人が天候に左右されながら、その時々の沖縄の野山の味をそのまま瓶に詰めた生のはちみつです。 

自然の奥深さを是非味覚からも味わっていただきたいと思いますし、 あのもふもふたちが一生懸命に花から花へ蜜を集めている様子にも思いをはせていただけましたら幸いです。

shop

はちみつが収穫できましたら、置かせていただく店舗様をこちらでご紹介いたします。

☆2019年春のはちみつは、直接のご注文かネットショップのみでの販売とさせていただきます。 

​はちみつ・みつろうの販売

 

花粉交配用ミツバチの貸し出し

もっと見る

archaeでは、マンゴーをはじめ、各種果樹、野菜の結実を助けるため、農家様にみつばちを巣丸ごとお貸しするサービスを行っております。

このほか、植物の結実を研究されている植物園などでのご利用もお受けいたしております。 

貸し出しは一日単位で行っております。お気軽にご相談ください。

​花粉交配に関するお問い合わせ

© 2018 archae.info copyright reserve